高校中退した僕がその後の人生について語りましょう。

「高校中退したらその後の人生はどうなるの?」

 

あなたがもし今、高校を辞めようかどうかと考えているならば、僕は安易には辞めないほうが良いと伝えたい。

 

このブログでは僕が人生で勉強してきた様々な事柄について書いていますが、それは僕が今まで生きてきたうえでたくさんの失敗を経験してきたからに他なりません。

 

中でも高校を1年で中退したことは、40代となった今でも懐かしくも忘れられない思い出となっています。

結局そのあと何年かして、もう一度違う高校へ編入して、高校卒業資格を得てはいるのですが。

そういった経緯も含めてお話していきたいと思います。

 

ということで今回は、高校を中退した僕のその後の人生について書いていますので、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

 

高校中退の理由は?

高校,中退,その後

ヤンチャだったからです。

 

恥かしすぎるので細かいことは書けませんが、要は学校のルールが全く守れなくて、1年生の1学期ですでに2回も停学になってしまったんですよね。

そして「これはもう3年も持たないわ」ということで、自分から退学届けを提出して高校を辞めました。

16歳の時です。

 

そしてその後はやっぱり厳しい現実が待っていましたね。

これからその後の人生について書いていきますね。

 

仕事はあるにはある

よく「中卒や高校中退じゃ仕事が無いぞ」とはいわれますが、あるにはあります。

当時はバブルがはじけた数年後の世界ですから、不況で就職難の時代。

たとえ大学を卒業した人でも、すぐに仕事に就けるかどうかはわからない、まあそれは今でも同じことですけどね。

 

そんな中、僕が高校中退後初めてついた仕事は調理の仕事でした。

仕事の紹介で、県外のホテルの寮に住み込み、そこの調理場で正社員として働くことになったのです。

でもやっぱり長続きしないんですよね。

働く意識にまったくなっていない状態です。

そして高校を中退したことによって、どこかに辞めグセという悪い癖が付いていきます。

 

高校を中退することで辞めグセが付いてしまったことが今思う、一番の失敗談ですね。

 

その後も工場や製鉄所、建設業など、正社員として雇ってくれるところは多々ありましたが、どれも長続きしませんでした。

ちなみにクビではなく、全て自分から申し出て辞めています。

 

あとは僕の友人たちの話ですが、同じく高校を中退した者が何人かいます。

その友人たちも、その頃はフリーターになる人もいれば、正社員としてそのまま長く勤めていく人もいます。

 

最終的にはどこかで落ち着かないといけない

高校,中退,その後

結局、自分も友人たちも含めて、どれだけヤンチャしていようとも、いつかはどこかで落ち着かないといけないわけです。

とはいいながらも、僕は結局20代前半ごろまではフラフラ生きてましたね。

職を転々としながら、遊びほうけて。世間ではそれをロクデナシというのですよ。

 

そんなロクデナシでも、20代にもなると人並みに彼女がいて、結婚して家も欲しいなんて考えだすんですよねこれが。

そんなとき、高校を中退したことによる一番の問題が出てきます。

 

仕事の選択肢が少ない

「高校中退すると困ることってあるの?」と聞かれたら、まずは「仕事の選択肢がとても狭くなることが一番の問題ですよ」とはっきり答えます。

 

そりゃそうですよね、やっぱり高校中退していると、今も昔も変わらず世間様には「何か問題がありそうですな」と見られても仕方がありません。(実際ありましたしね。)

だからこそ、どの求人広告にも「高卒以上」などと書かれていて、高校中退の僕たちはその一言で幾度となく面接以前に対象外となってきたわけです。

つまり、就きたい仕事に就きにくくなるということ。

 

自業自得とはいえ、「これはくやしい!!」(´;Д;`)ブワ

 

そこで、初めて僕と高校中退の一人の友人は、働きながら通える通信制学科のある高校へ編入学することを決心し、無事に二人とも卒業証書をいただきました。

その時すでに20代半ば(笑)

でも、長年のもやもやした気持ちが晴れた気がして、妙にうれしかったなぁ。^^あははは・・・ハッ!?

 

じゃあ最初からやめんだらよかったー!!!

 

というのが最大の後悔ですよね。当然。

でもね、なかなか当時16歳の自分にはそれが分からなかったんですよね。

だからこそもしあなたが今、当時の僕のような状況にあるならば、心からこの言葉を贈りたい。

「あとできっと後悔するから、卒業したほうがいいよ」と。


スポンサーリンク

 

最終的には自分次第

高校,中退,その後

僕の場合はその後高卒資格を得て結婚もし、そのあと大きな会社に転職して、そこで随分と努力した結果が認められて出世し、子供もできて家を建て・・・でも何だかんだあって最終的には今自営業という人生です。

 

ただ不思議なもので、高校を一度辞めて、その後また高校に通いなおすことになったということに関しては後悔の念もあるんですが、高校を中退したことをものすごく後悔しているかと聞かれれば、それほどでもないです。

矛盾しているようにも思えるでしょうけど、僕が当時そのまま高校を順当に卒業してたとして、人生が今より上手くいっていたのかといえばそんなことは分からないですし、何より、人より遠回りしてきた分、色んな人との出会いや学びも少なからず得るものがありました。

 

また、僕の同級生たちを見ても、高校中退でも、何なら中卒の人たちでも、その後一生懸命働いてすごく稼いでいる人も何人もいます。

というか、自力で会社を興してバリバリやっていくような人の特徴に、こういった人と何かが違う点とかがあることも事実なんですけどね。この話はまた長くなるので、別の機会にお話ししましょう。

 

とにかく、最終的には自分次第というのは間違いないです。

僕の中で高校中退することは、せっかく親に行かせてもらえるのにもったいない!という気持ちもありますし、とはいえ僕や友人たちのように特に大きな後悔はしていないし、最終的には特に問題もないという人生を生きている人は多いです。

まして、高校も大学もしっかり卒業した人たちが皆良い人生を歩んでいるのかといったら、そういうわけでもないですしね。

 

だからとにもかくにも人生は自分次第。ということです。

 

おわりに

少し長くなってしまったので最後にもう一度まとめておきましょう。

 

  • 高校は僕のように安易な気持ちで中退するのはもったいないよということ。
  • とはいえ、中退したとしても自分の努力次第で何とでもなるよということ。
  • 何歳でも学びたいときに学べる制度もあるよということ。

 

とまあこんなお話でした。

 

あとは、家庭の事情や、学校での並々ならぬ問題が生じていて中退を考えているときに関しては、この限りではないことを付け足しておきます。

高校卒業よりも何よりも、まずは自分の生命や生活が第一ですからね。

 

僕のように後から何歳でも高校には行けますし、編入も何も難しいことは無いですので、そういう面でもこの記事が少しでもあなたの参考になればと思っています。

あなたの人生が素晴らしいものになりますように。

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


 

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました