人生は一度きりの意味を本当に理解して生きたほうがいい。

「人生は一度きり」

 

僕は30代半ば頃、その意味を深く深く考えることが多かったです。

忙しすぎる日々の中では、忘れてしまいやすいことなんですよね。

 

毎日毎日、やらなければいけないことに追われ、同じことの繰り返しの中では、つい忘れてしまいがちな、人生は一度きりということ。

 

僕も今40歳を超えて、人生の折り返しだと考えたときに、特にこの言葉を座右の銘のごとくいつも頭の片隅において生きています。

そして人生は一度きりの意味は、自分の人生を充実させていくうえで、誰もがどこかで一度は深く考えておいた方がいい。そう思っています。

 

ということで今回は、人生は一度きりの意味について深く掘り下げて書いていますので、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

 

人生は一度きりの意味とは

人生,一度きり,意味

人生は一度きり。

その意味をもう少し深く考えてみると、つまりは、誰にでもいつかは必ず終わりが来るということです。

 

当たり前すぎて拍子抜けしたかもしれませんが、本当の意味でこれを深く自分の中に落とし込めている人はそう多くないと思っています。

多くの人が、人生は一度きりという言葉を知りながら、「いつかやってみよう」、「いつかは俺だって」というようなことを考えながら何年も、何十年も歳をとっていきます。

まるで、永遠に自分の命が続くかのように。

 

本当は明日の朝起きられる保証なんて無いわけで、人の一生なんていつ終わってもおかしくないもののはずなんですよね。

輪廻転生、人は生まれ変わるという教えもありますが、それは誰にも分らないことですので、ここではそういったお話はしません。

あくまで、今生は今一度きりであり、今の自分もいつかは確実に終わりが来るということで話を進めますね。

 

人生が一度きりであるならば

人生,一度きり,意味

人生は一度きりということを自分の中に深く落とし込めたならば、次に考えたいことがあります。

それは、本当に自分が望む生き方をすることです。

 

今、嫌な仕事に我慢して、嫌な人間関係に我慢して、嫌な生き方に我慢して、その先に何が手に入るのかを考えてみてください。

 

その先に希望が見えましたか?

見える人は大丈夫です。それは僕の中では「我慢」とはいいません。「辛抱」といいます。

我慢は自分を苦しめるだけのもの。

そして辛抱は、辛いことに耐えた先に自分の望むものが手に入ることである、という違いがあります。

 

僕は会社員時代には、その先に希望が見えませんでした。

それは当時の定年退職間近の上司を見れば分かりました。

「ああ・・・あと半年でやっと定年できる・・・。」

どんよりと曇った空を見上げ、そのようなことをつぶやいていた姿が印象的でした。

 

同時に、それが僕の未来の姿であることに気が付いてしまったんですよね。

65歳まで我慢して我慢して働いて、家族との思い出も数えるほどしかないまま、いつの間にか子供は独立してしまっている。

その65歳という年齢になったとき、果たして自分は後悔していないのだろうか、そんなことを考えたんですよね。

 

その後よく考えた末、「あかん。絶対後悔するわ。」と、自分の中で答えが出ました。

これは自分が本当に望む生き方ではない、正直な気持ちが出てきたんですよね。

 

「我慢して我慢して、65歳からの自分に賭ける?」、それとも、「次の人生に賭ける?」

あらためて自分に問うたとき、「いやいやいやいや、だから俺の人生は一度きりだって!」

そう思ったんです。

 

じゃあ、どうするか。

自分が本当に望む生き方をしたいなら、どうするか。

「もう一度よく考えるんだ、世の中には自由な生活をして人生を楽しんでいる人がいくらでもいるじゃないか。なぜ自分にはそれができないかを真剣に考えるんだ。」

思考停止していた自分に、そうやって何度も問いかけていましたね。


スポンサーリンク

 

自分が望む生き方を知る

人生,一度きり,意味

人生は一度きりという意味を理解して、では本当に自分が望む生き方をしようと思った僕は、あらためて、自分が望む生き方とはどんな生き方なのかということを考えました。

 

・自分の好きなことを仕事にする
・家族との時間を好きなだけとる
・田舎でのんびり暮らす
・好きな人とだけ付き合う

 

細かいことはたくさん浮かびますが、大きく分けるとこんなところです。

そしてここからが一番大事なところです。

そう、「人生は一度きり」なんですよね。

 

じゃあ、これらのことを「いつやるの?」ってことですよね。

「今でしょ!」はもう聞き飽きたので(笑)あんまり言いたくはないんですが、もう本当にそう言うしかないです。

考えているだけじゃなくて行動しないと何も変わらない。

 

そして生き方を変えた結果

僕のその後の話ですが、たとえ給料が多くても嫌な仕事を何十年も続けたくないので、会社を辞めて自営業として好きなことを仕事にしています。

 

年収はがっつり下がりました。(笑)

でも会社を辞めて6年以上何とか暮らせていますし、その間に子供たちが大きくなってきたので、もう少し仕事に時間を使おうかな、そんな裁量権が自分にあることが何より嬉しいです。

 

そして家族との時間は十分とれるようになりました。

学校の行事はほとんど問題なく参加できていますし、子供と一緒に勉強して、家族で一緒に食事して寝る。望んだことができるようになりました。

 

あとはもともと田舎暮らしですので、そこでのんびりと暮らしています。

嫌な人とはもう付き合いを断ってます。時間がもったいないので。

 

おわりに

人生は一度きりという意味を深く考えた末、僕は生き方を変えました。

全てが上手くいったのかといえば、答えはNOです。

 

現状は超絶弱小個人事業主ですからね。(笑)いつも今月の支払いどうすんのよってなもんですよ。(アハハハハッ!!・・・ハア。)

でもそれは自分が望んだ結果の、次の課題というだけのことですので、あとはそれを何とかすることに今やりがいを感じています。

そしてそれ以上に望んだ生き方ができているので、後悔は全く無しです。

 

ただ、悩みが全く無い、望むものを全て手に入れている、そんな人は僕は見たことありません。

誰しも、何かに悩んだり、迷ったりして生きています。

 

判断に迷ったときに覚えておいてほしいことは、【人生は一度きり】という言葉です。

あなたも今のままでは後悔する、そう思ったときは、この言葉を思い出して、よく自分と相談してみてくださいね。

ふと、自分に素直になれるかもしれませんよ。^^

 

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


 

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました