幸せになる考え方とは?幸せはいつだって自分の中にある!!

「どうやったら幸せになれるんだろう・・・。」

 

幸せの定義は人それぞれですが、今あなたが幸せと思えていないのは、幸せの考え方に原因があるかもしれませんよ。

 

僕は会社員時代、「もっとお金を稼ぎたい!お金があれば幸せになれる!」なんてことを考えていました。

簡単に言えば、贅沢をすることが幸せだと考えていたわけです。

 

でも、実際には稼げば稼ぐほど、幸せとは感じられなくなっていきました。

それは一体なぜでしょう?

 

ということで今回は、本当の幸せとは一体なんなのか、幸せになる考え方とはどういうものなのかということについて書いていますので、一緒に見ていきましょう!


スポンサーリンク

 

本当の幸せとは一体なんなのか?

幸せになる,考え方,方法

まず、本当の幸せとは一体なんなのかということなんですが、これは一言で言うと、心が満たされている状態です。

心が満たされている状態とは、自分が心から楽しいと思えることや、好きなことをしているとき、友情や愛情に満ち溢れている状況にあることです。

 

幸せは自分の心の中にあるものなので、決まった形などはなく、とても抽象的に思えるかもしれませんが、もともと幸せの基準は人それぞれですし、その大きさを測り出すものでもありません。

つまり、幸せとは自分の心の中にあり、その心が喜んでいる、十分に満たされている状況であるといえます。

 

物では本当の幸せは得られない

確かにお金でほしいものを買ったり、贅沢をするのは嬉しいですし、幸せと感じます。

でも物によって得られる幸せというのは、手に入れたときは嬉しいのですが、それによって本当に心が満たされ、幸せになれるとは限りません。

 

例えば、世の中のお金持ちがもれなく幸せかと考えると、到底そうは思いません。どれだけ高級な住まいや車、船やヨット、おいしい食事があったとしても、自分ひとりだけでは心から楽しいと思えるでしょうか。

豪華なプールやきれいなビーチに一人でたたずんでいて、本当に幸せを感じられるでしょうか。

それならば、仲の良い友達や家族、子供達と浜辺でわいわいとバーベキューでもしているときの方が僕は幸せを感じられると思います。あくまで人それぞれですけどね。

 

実際に僕も自分で稼いだお金で、高級セダンや、大型アメリカンバイクなど、欲しい!と思ったものをいろいろ買っては満足したつもりになっていましたが、実際には休みがあれば子供達と庭で水遊びしたり、公園で遊んでいる方が幸せと感じるようになり、結局は全て手放してしまいました。

それらの【物】が本当に僕を幸せにしてくれたわけではなかったということですね。


スポンサーリンク

 

 

幸せになる考え方とは?

幸せになる,考え方,方法

本当の幸せは心が感じるものというわけですが、幸せを幸せと感じるには、自分の心のあり方や考え方も大切であるといえます。

具体的には以下のようなことを考えてみてください。

 

・小さな幸せを見つける
・自分にとっての幸せを見つける
・他人と比べることをやめる
・夢や目標を持つ

 

順番に見ていきましょう。

 

小さな幸せを見つける

これは自分の幸せの価値観を見直すということです。

あれもこれもと望んでばかりでは、幸せになることは難しいです。

子供がいることが、欲しくてもできない人にとっては幸せ。ご飯を食べられることが、食べられない人にとっては幸せ。寝る場所があることが、ない人にとっては幸せ。仕事があってお金をもらえていることが、仕事がなくてお金がない人にとっては幸せ・・・。

 

そのように考えてみると、決して幸せが一つもないなんて思うことはなくなります。

むしろ、「こんなのは自分にとって幸せとはいえない!」となれば、それだけ幸せを得るハードルを自ら高くし、幸せが遠ざかることになってしまいます。

今の生活の中で、ぜひ小さな幸せを見つけてみてください。

 

自分にとっての幸せを見つける

幸せの定義は人それぞれである以上、自分にとっての幸せも人それぞれです。

自分が心から幸せと思えることはどんなことなのか、過去にどんなときに最も幸せを感じてきたのか、些細なことでもかまいません、自分にとっての幸せを見つけて認識しておくことで、幸せを感じられる場面は増えることでしょう。

 

他人と比べることをやめる

仕事や収入、家や車、身に着ける品や容姿など、何でもかんでも他人と比べて、劣等感やコンプレックスにさいなまれていては、いつまで経っても幸せを感じることができません。

 

自分を高める意味で、人の振り見て我が振り直せということは必要かもしれませんが、必要以上に人と比べて、自ら幸せを幸せと感じられなくなってはもったいないですよ。

他人は他人、自分は自分、隣の芝生は青く見えるだけ。

しっかり割り切っておきましょう。

 

夢や目標を持つ

夢や目標があり、それに向けて努力している間、あるいは、まさにその夢が叶ったとき。これは幸せを感じられる大きな要素になりますね。

夢や目標、希望を持って生きることは強い力になります。

自分がこれができたら幸せということを考えておくのも良いですね。それがなければ、せっかく何かを成し遂げたとしても、幸せや感動を得られずに終わってしまうかもしれませんからね。

 

小さなことから大きなことまで、ぜひ実現可能な夢や目標を持っておいてくださいね。

 

おわりに

実際僕が出会った人の中にも、仕事はばりばりできて高給取り、でも家庭はぐちゃぐちゃ。高級車を乗り回していても実は借金まみれ。お金はたっぷりあるけどまったく健康ではない。なんて人はたくさんいました。

全部が全部うまくいっている人なんて見たことがありません。生きている以上皆何かしら悩みや問題も抱えていますしね。

あの人に比べて自分は・・・、なんてずっと考えていてもきりがないですよ。

 

それよりも、自分が幸せと思えることを早く見つけて、人生をより楽しく幸せにしていきたいですね!^^

 

 

【関連記事もあわせてどうぞ】

人生を後悔したくない!自分の最後の日を想像してみよう!!

人生とは選択の連続である!決断しなければ未来は変わらない!!

 

それでは今回はこの辺りで。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


 

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました